過剰なサービスを期待しないこと

雑記

駒鳥です。

今日は宅配業会に関するこんなニュース。
このままではアマゾンとセブンイレブンとヤマトが全滅する!

最後の方の記述が、クリティカルだなぁ、と思います。
配送コストはかけたくない、タダの方が良い、という考え方は結構浸透してしまっていると思います。
でもこういう記事を読むと、なんだか罪悪感のような感情が生まれますね。

注文する側が配慮できる仕組みが欲しい

これ実は前から思っていたんですが、注文する側も、ドライバーさんのことを配慮できるシステムが欲しいです。
例えば「時間帯はいつでも良い」とか、「急がなくてよい便」とか。コンビニ受取がそれに近いのかもしれませんね。
なんとなくですが、今の宅配のサービスって結構過剰な気がしていて、その仕組みを緩やかに変えていくだけでも違うんじゃないかな、と感じるわけです。
いきなりはなかなか受け入れられないだろうから、緩やかにかえていければ、業界全体に余裕も生まれてくるのではないかと思うのですが。。

過剰なサービスを期待しないこと

あとはやっぱり、サービスの受け手の姿勢も大事ですよね。
宅配に限った話でなく、無料してもらえるサービスに対して、過剰な期待をしないことが大切だと思います。
例えばコンビニでの対応とか。
どうしても無料でできることって限界があるわけなのですが、自分がサービスを受ける側になるとついそれを忘れてしまいがちなのかなと。
働いている人へのちょっとの思いやりをしてあげられると良いですよね。

それでは。

スポンサーリンク