組織のシャッフル

雑記

駒鳥です。

こんな記事がありました。
アリバイ作りのコスト

自分は、全国的な転勤があるような大きな会社に勤めたことはありません。
今の会社のオフィスは東京のみで、転勤はありません。
ですが、中の組織として一部シャッフルはありました。

組織のメンバーをシャッフルすることのリスク

全国的な転勤はもちろん、うちの会社内のような小さな規模でも、組織内でのメンバーシャッフルは珍しくないんではないかなと思っています。
ただ、記事で触れられているように、そこから得られる成果がどれほどあるのかというのは確かに疑問です。

例えば、これまでなかった新しいコミュニケーションが生まれることによる効果、というのは比較的想像しやすい。
けれど、ただシャッフルさえすればそういったプラスの効果が必ず現れる、というわけではないのではないか。

ただランダムにシャッフルするだけではいけない。
単にコミュニケーションコストが余分にかかってしまうだけ、というリスクもある。

目の前のことをやり遂げたい

あくまで個人的な意見ではあるのですが。
自分の場合、期が変わったからという理由で転勤や異動をするより、それまでやりかけたことに対して責任を持ってやり遂げたいなーと考えています。
続けるなかで、自分のパフォーマンスを発揮できるフィールドが変化していくことはあると思うのですが。

4月になるから、今までのことは誰かに引き継いで、全然違うこっちの仕事をしてね、というのはちょっとモチベーションが下がってしまいそう。。

この話はひいては生産性という話にも影響してきそうではあります。

私自身会社勤めなので、自分の意向だけではなかなか思うようにいかない気はしていますが、うまく自分のフィールドをコントロールしていきたい・・と思う次第です。

それでは。

スポンサーリンク