「良いお年を」に続く言葉

2018年12月31日雑記

駒鳥です。

クリスマスが終わって、街が一気に年末モードになりました。

会社近くでは大きなクリスマスツリーの解体が行われていて、不思議な気持ちに。

年末の挨拶、「よいお年を」という言葉を口にする、聴く機会もありました。

スポンサーリンク

「よいお年を」に続く言葉

「よいお年を」

この表現、あんまり意識しないことが多いけど、省略形なんですよね。
フルバージョンは、

「よいお年をお迎えください」

です。

少し丁寧に表現すると、少し気持ちがこもる

この「よいお年をお迎えください」っていう表現が好きで、自分で言う時には省略せずに言うようにしています。

なんとなくですが。
「よいお年を」
という省略系よりも、相手に対する気持ちが篭っている気がするのです。

この言葉に限らず、普段何気なく使う言葉も、少し丁寧に表現すると、少し気持ちが篭って伝わるんじゃないかと思っています。
神は細部に宿ると言うか。
いやそれは、ちょっと違うか。

2019年が、良い年になりますように。
よいお年をお迎えください。

スポンサーリンク