許容すること

雑記

駒鳥です。

牛乳石鹸のCMが話題になっているようです。

いわゆる炎上状態。
まあ、それも分かると言えば分かる。

表現も場を問われる

これについては色々と意見があるようです。

本当にいろんな意見があって、こんなこといっちゃいけないのかも知れないですが、面白いです。

一部で言われている通り、これだけ「炎上」状態になっているのは、この映像がCMとして世に出されたからと言うのはあると思います。
(紹介したツイートたちは、炎上というより感想たちです)

これがショートフィルムとか、映画の一部とかだったら、ここまで炎上しなかったと思います。
(そんなに話題にならなかった気も。。。)

でも、CMだからよけい話題になったの、というのであれば、
映像作品なんかも自信の立ち位置や場を問われうる
ということなのだろうと思います。

コンテキストも含めて、ひとつの作品と判断されるわけですね。
それを、「気をつけるべきこと」と捉えるか「利用すべきこと」と捉えるかは、表現者にゆだねられるのだろうけど。

許容すること

さて、このCMについて色々な感想がツイッターのタイムラインには流れてきましたが、
僕が一番共感したのはこちらのツイートでした。

昨日も似たことを書いたんですが、みんな、否定することにエネルギーを使い過ぎだと思うんです。

粗捜ししてても楽しくないよ

もっと気楽に、ぴりぴりせずに許容したらいいのに、と本当に思います。
本当に怒れて仕方が無い、というのなら止めはしませんが、無理矢理怒っている人も多分いるから。。

マイナスの感情にエネルギーを使うのではなくて、もっとポジティブなことにエネルギーを使いたいと思います。

それでは。

スポンサーリンク