P10やP10liteでアプリが落ちる、通知が来ないときの対処方法

2017年11月15日雑記

駒鳥です。

スマホを、HUAWEIのP10に変更して、3か月ほど経ちました。
バッテリーの持ちも悪くないし、カメラの精度も高く、総合的には満足しています。

しかし使い始めてすぐの頃、こんなトラブルが起きていました。

  • LINEやTwitterなど、アプリからの通知が届かない
  • アプリが突然落ちる(特にゲームアプリ)

この記事では、これらのトラブルを解決するには、どの設定を確認すれば良いのかを解説します。

僕が使っているのはP10ですが、おそらくHUAWEI P10シリーズ(P10 Plus, P10, P10 lite)全体で言える話になると思います。
P10シリーズを使っていて、似たような症状でお困りの方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク


LINEやメール等の通知が来ない、アプリが落ちる原因は、電池の設定かも

アプリが落ちたり、LINE、メールアプリ、slackなどで通知がこないというトラブルの対処法についてです。

僕のスマホでもこの症状が発生していました。
LINEについては、アプリを開けば新着表示が出るのですが、画面を閉じているときに通知が来ないから気づけない状態。
他にも一部のアプリが突然落ちて、ホームに戻されてしまう症状がありました。

よく落ちていたアプリは、FGO(Fate/Grand Order)やシノアリスです。
ゲームアプリは落ちやすい傾向にあると思います。

Fate Grand Order宝具演出でアプリが落ちてしまう
▲FGOより、水着ネロの宝具演出。気合いの入った演出ですが、前後でアプリが落ちたりすると悲しい(ポロロン)

これらの症状は、電池関連の設定を見直すことで改善することができました

P10シリーズでは、キャッシュのクリアや省エネ設定を自動で、あるいは簡単に最適化できます。
ですが、自動設定に任せてしまうと、こういった症状が起きるんです。

では、これらの原因となっている設定を見ていきます。

スポンサーリンク

ロック画面のクリーンアップ

「設定」→「電池」→「ロック画面のクリーンアップ」と進みます。

この画面でチェックされているアプリは、画面をロックしているときの動作が制限されています。
ロックしているときでも通信を行わないようにすることで、電池の消耗を防ぐということですね。

LINEやメールアプリ、slackのような、画面を閉じていても通知が来てほしいアプリのチェックは外しておきましょう。
チェックされたままだと、アプリを開いた状態でない限り通信されないので、通知が来ません。
HUAWEI P10 ロック画面のクリーンアップの設定

極端に消費電力の高いアプリを閉じる

「設定」→「電池」の画面で、右上の歯車をタップします。
HUAWEI P10の電池設定の画面

ここで、「極端に消費電力の高いアプリを閉じる」をオフにしておきましょう。
HUAWEI P10の電池設定「消費電力の高いアプリを閉じる」

アプリが落ちる症状は、おそらくこの設定が原因です。
ゲーム系アプリは消費電力も多いので、この設定によって落ちる(強制終了させられる)ことが多いのだと思います。

僕の場合、この設定をオフにすることで、FGOもシノアリスも落ちなくなりました。

スポンサーリンク

バッテリー最適化を無視

上記二つの手順でも解消されない場合は、さらに、省エネに関する設定を適用させないようにすることができます。

「設定」→「アプリ」から、画面下部の「設定」をタップします。
HUAWEI P10 アプリの設定画面

詳細設定の「特別なアクセス」→「バッテリー最適化を無視」をタップします。
「許可」の部分をタップすると、「すべてのアプリ」が選べるのでそこをタップ。
「許可しない」と書いてあるアプリを選んで、「許可」を選択します。
HUAWEI P10 バッテリー最適化を無視の設定画面

これで、この設定したアプリは省エネ設定が無視されるようになるので、ロック中の通信や通知が制限されなくなります。

バッテリー関連の設定は、バランスを意識して

上記の設定を行うことで、アプリの動作の制限は解除できます。
ただ、なんでもかんでも解除してしまうと、当然バッテリーの持ちに影響します。

実際に設定を行う際は、バランスに気を付けてくださいね。

スポンサーリンク