自分にとっての「心地よい」を集めて暮らしたい。

2018年1月27日暮らしと情報

駒鳥です。

先日、SUSONOの1月のトークイベントに参加してきました。

SUSONO、1月のテーマは「住む」。

SUSONO1月のテーマは「住む」

Casa BRUTUS編集長 松原亨さんと、佐々木俊尚さんのトークセッションです。

お二人のお話を聞いて、感じたことを少し残しておこうかな、と思います。

スポンサーリンク

足下の暮らしへのフォーカス

2000年よりCasa BRUTUSに携わっているという松原さん。
「まだなんだかんだで景気が良かった」という時代から、リーマンショック、そして2011年の震災を経て、人々のマインドが変わってきた、と感じられていたそうです。

特に震災以降は、「自分たちの足下の生活」にフォーカスがあたってきているのだとか。

松原亨さんと佐々木俊尚さん
▲松原さん(左)と佐々木さん(右)のトークセッションの様子。

そういったマインドの変化はCasa BRUTUSの表紙なんかにも表れているそうです。
毎年連載している住宅特集の表紙が、外観の写真から内観の写真へと移り変わったのも、その一つ。

考えてみれば、少し前から聴くようになった、丁寧な暮らし、という表現も、足下の生活を丁寧に、というニュアンスを含むように思います。

外観(見栄といってもいいかもしれない)よりも、実際にどう暮らしていくか、その暮らしが自分にとって心地よいものであるかどうかが、重要になってきている、と。

スポンサーリンク

自分にとって心地よいかどうか、がキーワードになっているかもしれない

外に見せるエクステリアより、中で接するインテリアへ視点が映っている。
その流れにおいて、この「心地よさ」、というのがこれからの暮らしにおいて重要なキーワードとなってきているように思います。

実際の暮らしそのものを、心地よく過ごすことができるかどうか。

一般に言われる「良い住宅」みたいな基準はあんまり重要じゃなくて、自分自身が心地よいと思えれば、それどいいじゃない、という考え方。

今回は、「住む」というテーマでしたが、これって、衣食、あと働くというのを考えた場合でも、当然共通だよね、と思います。

暮らしは、自分のもの。
誰かに迎合したり、誇示したりするのではなく自分にとっての「心地よい」を集めて生活していきたい、と思ったトークセッションでした。

それでは。

スポンサーリンク