個人の集合がマスを作る。

雑記

駒鳥です。

LIFEMAKERSでよくお世話になっている方で、同じくブログを書いている方がいらっしゃいます。
メディアについて書かれていたので、ご紹介します。

今日の空〜個人メディア

マスから個人でなく、個人からマスへ

最後の、個人が集団を作るように、個人のメディアがマスメディアを作る、というお話はとても共感でした。

マスから個人、ではなく個人からマスへの流れって、ここ最近では珍しくないと思います。

例えばテレビ番組で考えても、以前は、テレビ局が作成したドラマをみんなが見て、普段の話題にしていた。
でも今は逆の流れも起きていて、個人個人が面白いと感じてバズッたyoutubeの動画なんかが、テレビ番組で特集くまれて放送されたりしていますね。
NHKの番組なんかでは、twitterで話題になったワードを集めて、ワードクラウド形式で紹介していたりします。

考えてみればスマートフォンそのものだって、まず個人個人のレベルで流行り、それを受けて各企業がスマホでのビジネスを本格展開する、という流れがあったんじゃないかなと思います。

普段、SNSでつぶやくようなちょっとした発信が集約されてマスメディアになる、という流れがもはや自然になっているんだろうなと感じます。
今後も加速していくでしょうね。

個人の行動・生活そのものがメディア化する

となると、もはや個人の行動・生活自体をメディアとして捉えることもできるんじゃないかなーと思います。
私なんかは、こうやってブログとしての発信をしていますが、そうでなくても、twitterやFacebookなんかから見える「その人の生き様」。
それが積み重なった「紋様」が、社会全体を彩っていくし、マスメディアも作っていく。

だからこそ、その人がどんな生き様をしているのか、もっと砕けて言うならどんな生活をしているのかが問われる時代なのかな、と感じます。

それでは。

スポンサーリンク